洋楽和訳・解説「You Belong With Me」テイラースイフトの両思いラブソング

洋楽で英語学習

テイラースイフトの You Belong With Me の和訳・解説です。

2009年のリリースですが、いまだに人気の曲です。

改めて内容を振り返ってみました。文法的に勉強になる箇所が多くて、教材としてオススメです。

甘い青春ラブソングに抵抗がなければ、この曲でシャドーイングしてみましょう。

歌詞和訳「You Belong With Me」by Taylor Swift

You’re on the phone with your girlfriend
She’s upset
She’s going off about something that you said
‘Cause she doesn’t get your humor like I do
I’m in my room
It’s a typical Tuesday night
I’m listening to the kind of music she doesn’t like
And she’ll never know your story like I do’

あなたはガールフレンドと電話中
彼女は苛立ってる
あなたが言ったことに怒ってる
彼女はあなたのユーモアを理解しないから
私は自分の部屋にいて
そんないつもの火曜の夜
彼女が好まないような音楽を聴いてる
彼女はあたしが知ってるあなたを知ることはない

But she wears short skirts
I wear T-shirts
She’s cheer captain
And I’m on the bleachers
Dreaming about the day when you wake up
And find that what you’re looking for has been here the whole time

でも彼女は短いスカートで
あたしはTシャツ
彼女はチアリーダーで
あたしは観客席
あなたが目を覚ます日を夢見てる
あなたが探してるものはずっとここにあるんだって気付く日を

If you can see I’m the one who understands you
Been here all along so why can’t you see
You belong with me
You belong with me

あたしこそがあなたを理解してあげられるってわかってくれたらいいのに
ずっとここにいるのに どうしてわかってくれないの
あなたにはあたしがぴったりなの
あなたにはあたしがぴったりなはずなの

Walkin’ the streets with you and your worn-out jeans
I can’t help thinking this is how it ought to be
Laughing on a park bench, thinking to myself
Hey isn’t this easy

通りをあなたとあるく あなたはくたびれたジーンズをはいてる
つい考えちゃう これこそがあるべき姿だって
公園のベンチで笑いながら思うの
簡単なことだよってね

And you’ve got a smile that could light up this whole town
I haven’t seen it in a while since she brought you down
You say your fine
I know you better than that
Hey what you doing with a girl like that

あなたの笑顔は街中を照らす
彼女があなたを落ち込ませてから しばらく見ていないわ
あなたは大丈夫っていうけど
あなたが本当はどう思ってるか 分かってるのよ
そんな女となにをしてるのよ

She wears high heels
I wear sneakers
She’s cheer captain and I’m on the bleachers
Dreaming about the day when you wake up
And find that what you’re looking for has been here the whole time

彼女はハイヒールで
あたしはスニーカー
彼女はチアリーダーで
あたしは観客席
あなたが目を覚ます日を夢見てる
あなたが探してるものはずっとここにあるんだって気付く日を

If you can see that I’m the one who understands you
Been here all along so why can’t you see
You belong with me

あたしこそがあなたを理解してあげられるってわかってほしい
ずっとここにいるのに どうしてわかってくれないの
あなたにはあたしがぴったりなの
あなたにはあたしがぴったりなはずなの

Standing by and waiting at your back door
All this time how could you not know
Baby, you belong with me
You belong with me

ずっと準備して おとなしく待っているのに
どうしたら気付かずにいられるの
あなたにはあたしの方がぴったりなの
あなたにはあたしの方がぴったりなはずなの

Oh, I remember you drivin’ to my house in the middle of the night
I’m the one who makes you laugh
When you know you’re about to cry
And I know your favorite songs
And you tell me about your dreams
I think I know where you belong
I think I know it’s with me

覚えてるわ あなたが真夜中にうちに向かってた
あたしこそが あなたを笑わせられる
あなたが泣きそうになっているとき
あたしはあなたのお気に入りの歌を知ってる
そしてあなたは夢を教えてくれる
あなたが誰とぴったりだか分かってる
それはあたしだと分かってる

Can’t you see that I’m the one who understands you
Been here all along so why can’t you see
You belong with me

わからないの? あたしこそがあなたを理解できるって
ずっとここにいるのに どうしてそれがわからないの
あなたにはあたしがぴったりなの

Standing by and waiting at your back door
All this time
How could you not know
Baby you belong with me
You belong with me

ずっと準備して おとなしく待っているのに
どうしたら気付かずにいられるの
あなたにはあたしの方がぴったりなの
あなたにはあたしの方がぴったりなはずなの

You belong with me
Have you ever thought just maybe
You belong with me
You belong with me

あなたにはあたしがぴったりなの
今まで考えたことはないの?
あなたにはあたしがぴったりだって
あなたにはあたしがぴったりなのよ

文法解説「You Belong With Me」by Taylor Swift

going off

go offは「怒る」です。

他にも、爆発する、好きでいることをやめるなどの意味もあります。

to explode, or to be fired
The gun went off while he was cleaning it.

to stop liking someone or something
I went off the idea of buying a sports car after I found out how much it would cost.

to suddenly become angryand start shouting
go off on: He just went off on her for no apparent reason.

macmillan dictionary

She’s going off about something that you said
彼女はあなたが言った何かに、今にもキレようとしている

If you can see I’m the onewho understands you

この if は条件で、「もしあなたがわかってくれたら(最高に幸せなのに)」です。

if 単体で必ず「願望」の意味になるわけではありませんが、文脈上、ずっと”彼”に対する気持ちを歌っていますので、「条件」に対する「結果」は言わずもがなだろう、ということです。

see は「見る」ですが、心の中でイメージを描くことができる=「わかる、理解する」というようにも使われます。

英語は日本語よりもイメージを描いて思考する言語だと言われますので、この see を正しく理解することは、英語センスに直結していると言えるでしょう。

the one は「その人」です。

映画「マトリックス」では、救世主であるネオが the one と言われていました。

日常的にも便利な表現です。

He is the one I told you about.
この人が、前に話した彼だよ。

If you can see I’m the one who understands you
あなたが、(彼女じゃなくて)私があなたを理解してあげられる人だとわかってくれたらいいのに

all along

all along は、「はじめから」「ずっと」などの意味です。

along が「沿って」ですから、all が付いて、「ものごとの過程すべてに沿って」⇒「はじめから」「ずっと」と、暗記せずとも意味を導けますね。

Been here all along so why can’t you see
ずっとここにいたのに どうしてわからないの

belong with

you belong with me は、「私のものになってほしい、私のものになるべきだ」などの願望です。

you belong to me と比べると、こちらは「おまえは私のものだ」と所属している事実を述べるという直接的な表現になります。

Both you belong to me and you belong with me convey that the speaker and the listener should be in a romantic relationship. However, the former suggests that the relationship clearly exists, and he or she intends to maintain (or enforce) it. The latter suggest that it should be the case, and might be more likely heard as an entreaty rather than a statement of fact.

stackexchange.com

ですので、この歌でもし “you belong to me” と歌われていたとしたら、テイラーは可愛らしい健気な女の子から、病的な妄想癖のある女の子に変わってしまうような違いがあります。

彼が付き合っていた彼女は、付き合っていた間は “you belong to me” と思っていて自然です。

状況によっては、”me” が “you” を支配しようとしている響きにもなります。

この歌においては、テイラーと彼が長い間友人関係にあることが推測できますし、ユーモアのセンスも近く、辛いのを隠してもお見通しということも歌われています。

ですので、「あなたは彼女じゃなくてあたしと付き合うべきだ」という意味に、相互理解のニュアンスを乗っけて、「あなたにはあたしの方が合っている、ぴったりだ、似合っている」と言うように訳しました。

can’t help thinking

can’t help ~ing は「~せずにはいられない」です。

「2人で自然体で仲良くしている姿があるべきで、あんな女と付き合っているのは間違っている」と、ついつい思ってしまうということです。

I can’t help thinking this is how it ought to be
これが本来あるべき姿(あり方)なんだと考えずにはいられない

thinking to myself

thinking to myselfは「心の中で独り言を言う」です。

think to (oneself)
To have an inner monologue; to make a statement to oneself in one’s mind, without saying it out loud.
I had a moment where I thought to myself, “Why am I even working here?”

the free dictionary

to myself が無くても、「思う」の意味は変わりません。

ですが、歌詞の後半の “I think I know it’s with me” などは、「~と思うんだ」という語りかけで、”I think ~” は日常会話でもとてもよく使われる表現です。

“I think ~” の語りかけと区別して、thinking to myself 「心の中で自分に語りかける」という表現になっています。

think out loud と比較してみると理解が深まるでしょう。

isn’t this easy

Isn’t this easy? は、「簡単じゃない?(とっても簡単だよね!誰にとっても簡単はなずだよね)」という意味です。

否定の形にした疑問文で、文字通りの否定の質問の場合と、同意を求める、意外な気持ちを込めるなどの強調のニュアンスがこもった使い方の場合とがあります。

文字通りの質問
「ほとんど全員が旅行に参加するようだね。誰が来ないの?」

Literal questions
It seems like just about everyone is signed up for the trip. Who isn’t coming?

the free dictionary

強調のニュアンス
「春休みはそこに行こう!(行かない理由なんかあるわけがない。)」

Emphatic responses
—it can stand on its own as a rhetorical question.
Wow, why wouldn’t we go there for spring break?

Why don’t we = Let’s という解説を見たことがある人も多いと思いますが、それと同じ表現です。

Laughing on a park bench, thinking to myself   Hey isn’t this easy
公園のベンチで笑いながら 自分に語りかけるの そうよ、簡単なことだったのよ

how could you

how could you は非難や驚きを込めて「どうしてそんなことができるの!?」です。

could は過去ではなく仮定法です。

「ありえない」という気持ちが込められているので、相当強い非難や驚きを表したいときのみ、この表現を使うようにしましょう。

You dirty rat! How could you do a thing like that?
この薄汚い鼠野郎が!どうしてそんなことができるんだ!

How could you abide such conditions?
なんであんたはそんな条件を飲むことができるんだ?

how could you not know
どうしてあなたにはあたしの方が合ってるってわからないのかしら

まとめ

まだ付き合ってはいないけれど、PVの内容としては結果的に結ばれる二人の歌でした。

お互いしっかり理解し合っている、長年の友人同士の温かい関係が想像されます。

片思い中の人なんかは、とても感情移入できるんではないでしょうか。

歌うスピードはそこまで速くも無く、スムーズに一緒に歌えるように慣れれば結構な英会話力の向上が図れます。

改めて聴いてみて、気に入ったら、ぜひこの曲でシャドーイングしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました